京都にある曹洞宗の法衣・仏具専門店 | 美濃角

TOP > お知らせ > ◆限定10体◆干支「亥」のご注文受付開始いたします。

お知らせ

◆限定10体◆干支「亥」のご注文受付開始いたします。

早いもので今年も残り2か月となりました。

 

そろそろ新しい年を迎える準備をしなければいけませんね。

 

さて、美濃角では今後12年にわたり、木彫りの干支を販売させていただくことになりました。

 

所説ありますが干支の順番は、お釈迦様が具合を悪くされた時にお見舞いに駆け付けた順と言われています。

 

来年は「亥」です。

 

好物のどんぐりを鼻に乗せ、お釈迦様のもとへまさに猪突猛進。

 

今にも走り出しそうな躍動感、毛並み、鼻に乗せたどんぐりや、蹄に至るまで細かく彫り込まれています。

今後12年にわたり、それぞれの干支が新年の挨拶にとっておきの品を持参し、お釈迦様のもとにはせ参じる様子を表していきます。ご期待ください。

 

◆限定10体◆ 干支「亥」

【価 格】 54,000円(税込)

【サイズ】 約横11×奥行5×高さ11㎝

【 材  】 米ヒバ

【仕 様】 桐箱入り

【注文締切】 11月30日(金) ※予定販売数に達し次第終了いたします

【 発送 】 12月下旬予定

※一つひとつ手作りですので、多少の個体差が生じます

 

うつくしい仏具 如意~拈華微笑~

こんにちは。毎日暑い日が続いていますね。

京都は連日35度を超えていて、体感では40度ぐらいある・・・気がしています。焦げそう・・・。

 

そんな酷暑もわすれて、「はっ」とするような仏具を一つご紹介したいと思います。

 

拈華微笑(ねんげみしょう)

こちらは、蓮をモチーフにした如意(材:栃ノ木)です。

 

お客様から、「おまかせで」と言っていただき、贔屓にしている京仏師さんと相談しながら1年半をかけて制作しました。

 

ご注文頂いたお客様は、こだわりもセンスもある方ですので、社長はちょっと頭を抱えていたみたいですが・・・笑
仏師さんとお話しするうちにどんどん具体的なデザイン案が出てきて、とても刺激的で楽しい仕事だったようです。

 

繊細で美術品のような、でも、仏具はあくまでも道具なので、使用に問題のない強度を持たせて・・・今までに見たこともない美しい如意を目指して1年半。

 

 

仕上ったものを見た時は、拈華微笑の周りだけ数千年前から時間が止まっているかのような、

でも瑞々しさも感じるという不思議な感覚になりました。

 

「はっ」と息をのむうつくしさとはこのことかーーーー!!!と。

かえるさんもいます。

 

 

とっても繊細に見えますが、野球のバットのようにブンブン振り回しても大丈夫だそうです。

まさか、振り回しませんけどね、、。でも、それぐらいの強度もあるんだそうです。

 

当たり前のように決まった形がある仏具ですが、お客様のおかげで唯一無二の物を作らせて頂く事が出来ました。

 

これからも美濃角は「うつくしい仏具」をテーマに様々な創作仏具を作ってみたいなぁと思っています。

<重要>発送運賃について

お客様各位

 

この度平成30年4月1日以降の運賃につきましてお知らせがございます。

 

物流業界の人手不足や人件費高騰における発送運賃の度重なる値上げにより、

企業努力のみでは送料無料にてお届けすることが困難になりました。

 

つきましては、送料に関して以下のとおり改訂させていただきたく存じます。

 

 

<4月1日以降>   

 お買い上げ金額32400円(税込)以上送料無料

 それ以下の場合、送料一律864円

※レターパックなど利用の場合は実費

 

なお、ご注文のお品物はできるだけまとめて発送させていただきます。

お急ぎのお品物は準備でき次第発送させていただきますので、

その旨営業担当までお気軽にお知らせください。

 

また、段ボール等の資材も値上げが進んでおりますので、

これまで以上にリサイクル資材、もしくは封筒等を活用させていただくことが

増えるかと存じますがご了承くださいませ。

 

皆様へのご負担をお願いすることになり大変申し訳ございません。

何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

制作期間2年以上!渾身の九条袈裟

こんにちは。ついに梅雨入りしましたね・・・

 

じめじめムシムシが苦手なのでこれからの季節は恐怖です。

 

特に洗濯物が乾かない・・・(にじみ出る主婦感…)。

 

 

という前置きはどうでもいいですね。

 

今回はとっても珍しい、というか世界に一つの九条袈裟をご紹介いたします。

 

 

白地サヤ形/錆鉄地心如雲柄箔 額縁九条袈裟

 

あぁ、よくある龍の御袈裟ね…と思われますか?

 

 

いいえー!!違うのです。

 

 

アップにすると、、、

 

手刺繍です!

 

しかも龍の図も京絵師さんが御袈裟に直接描かれたものです。

 

 

お客様と、こういうお袈裟を作ってみたいねーというお話をさせていただいたことから始まり、

構想から納品まで約2年のお時間をいただき製作させていただきました。

 

サヤ型の生地や円廻りの金襴も、元ある物をこの御袈裟により合うように

作り替えたり、細部にまでこだわりが詰まった一品に仕上がりました。

 

 

躍動感のある瑞雲無限龍は、寺院様とその檀家様の永遠の繁栄を願い描かれたものです。

 

爽やかな風と共に幸せも運んできてくれそうな、とってもかっこいい素敵なお袈裟に

仕上がったと美濃角一同喜んでいますし、

ご納品させていただきましたお客様からもご満足いただけたそうでホッとしました。

 

お話をいただいてから完成まで、京絵師や、手刺繍職人と何度も何度も打ち合わせを重ね、

試行錯誤し、西陣織の職人さんにもご協力いただきました。

美濃角にとって、とってもチャレンジングな事でしたが、これでまた一つ成長できた

ような気がします。

 

今まで見たこともないような御袈裟のご希望がございましたら、

ぜひ美濃角までご相談くださいませ(∩´∀`)∩

 

大切に受け継がれるものを――楽太鼓の修繕

こんにちは。

京都の桜も終わりを迎え、街が落ち着いてくる…かな?と思っていましたが、

近年の観光客増加の勢いはすさまじく、街が落ち着く気配がありません。

世界各国からいらっしゃる観光客の皆さんはとっても楽しそうでウキウキされていて、

いいなぁ・・・と指をくわえて見ていたのですが、私にもちょっとウキウキすることがありました!

 

美濃角で働いていると、普段なかなか目にすることのできない京都の職人さんの仕事が見られるのですが、

今回私個人的にとてもテンションが上がりました!

 

楽太鼓です。ビフォーの写真がないのですが、仕上りはこんな感じです。

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

もともとは総金でキンピカピンだったのですが、

今回の修繕で胴の部分は木地目を出し上品に仕上げ、打つ部分は金箔を貼り直しました。

 

豊川稲荷と由縁あるのあるお客様のご希望で、狐をオリジナルで京絵師の方に描いていただき、

世界で一つの楽太鼓に生まれ変わりました。

 

裏にも狐が二匹います。

 

組み上げて下さった太鼓屋さんも「長年やってるけどこんな楽太鼓は初めて見た!」と

興奮気味にお話ししておられました。

 

お客様にも大変喜んでいただけ、「一生大切にして次の世代にも受け継いでいく」と

おっしゃっていただけ一安心したとともに、とっても嬉しい気持ちになりました。

 

もともと価値ある楽太鼓であったと思いますが、いろんな職人の手を経て修繕され

お客様の手元にもどりまた新たな価値が付加され、大切に受け継がれていく存在と

なっていくんだなぁと気づき、微力ではありますが、美濃角がそのお手伝いを

させて頂けたことがとても誇らしく思いました。

 

 

 

欅の竹?美濃角オリジナルの払子「竹音」

とてつもなく久しぶりの更新となってしまいました…。美濃角は細々とではありますが、元気に営業中です!

 

今回は美濃角オリジナルの払子をご紹介します。

 

「竹音(ちくおん)」

国産の欅を使用し、リアルな孟宗竹を模した払子柄です。

欅はとても固い材で、細かい彫刻が難しいらしいのですが、一見本物の竹のように見えるほどリアルな出来栄えです。

 

根付きVer.もあります。この根の部分がまたすごい!!

 

表面の加工も上品で落ち着きのある雰囲気で禅宗の御寺様にぴったりかな?と個人的にはおもっています。

そして欅製なので、長年使用することで手になじみ風合いもどんどん変化していくそうです。

 

この「竹音」は京都の職人さんと弊社が共同で企画・デザイン・制作した払子なのですが、素人の私が見てもすごくて、欲しいな…と思ってしまいました。

 

私は払子は使わないので(というか使えない)、、、例えばカバンの持ち手の部分とか?に使用したら個性的でおしゃれかもしれません。

もしくは包丁の柄とか?

 

残念ながら、そういったものに加工する予定は今のところありませんが…

いろいろなアイデアがどんどん浮かぶ職人さんなので、今後もとっても楽しみです。

 

美濃角オリジナル払子 「竹音」

https://minokaku.com/archives/products/501

 

美濃角オリジナル払子 「竹音」(根付)

https://minokaku.com/archives/products/505

九条袈裟・七条袈裟の新作を掲載しました

大変ご無沙汰してしまいました・・・。

忙しさにかまけて、なかなかホームページの更新ができずにおりました。

 

で、少しだけ余裕が出てまいりましたので、このところご紹介できていなかった新作(と言っても半年以上前の物もございますが・・・)の九条袈裟と七条袈裟をドンとUPさせて頂きましたので、ぜひご覧くださいませ。

金彩や手刺繍、変り糸での刺繍など、様々な趣向を凝らした美濃角コレクションをお楽しみいただけますと幸いです。

御袈裟コレクション

もし気になる御袈裟がございましたら、ぜひお問い合わせくださいませ。

 

すごいぞ!パールトーン!! その2

前回、衣や御袈裟へのパールトン加工の効果をお伝えしましたが。

すごいぞ!パールトーン!!その1

 

じつは、パールトーン、布系のもの以外でも加工できるんです。

 

それは、家の壁や屋根!!

 

 

目からうろこでした。

 

 

特に土壁への施工が中心だとおっしゃっていましたが、たしかに。

土壁って、雨や風で腐食してしまったり、土が流れてしまったりしますよね。

 

そうなる前にパールトーン加工しておけば、この通り!

左が未加工、右がパールトーン加工済の土壁のサンプルです。

DSC03500

さすが撥水加工です。みるみる水を弾いていました。

 

屋根にも。見づらいですが・・・。

DSC03497

 

パールトーン加工は膜をはって防水撥水をするわけではないので、家の湿気がこもる・・・なんてことも全くないとおっしゃっておられました。

 

日本の伝統文化を守るということを大切にされているパールトーンさんなので、伝統的な衣装だけではなく、日本家屋の保全にも貢献したいということで始められたようです。

 

土壁をはじめ、伝統的な日本家屋が多いお寺様にもぴったりではないでしょうか。

 

 

 

すごいぞ!パールトーン!! その1

先日、「あんしん着物パールトーン」でおなじみの株式会社パールトーンの方がご来社下さり、パールトーン加工についての詳しい説明会を開いてくださいました。

 

パールトーン加工とは、主に着物、当社では大衣や袈裟を中心とした正絹の商品に撥水・撥油加工を施す加工の事です。

 

撥水・撥油をして汚れを防止するための加工だということはぼんやりとは知っていましたが、実際に説明を受けてみて、びっくりしました。

 

パールトーン加工がされた着物にお醤油をこぼして・・・

DSC03486

水たまりのように弾いていますね。

これがパールトーン加工無しだと、生地がお醤油を吸収してしまい、すぐにしみになってしまうそうです。

 

この醤油をタオルで吸い取り・・・

DSC03488

水でふき取ると・・・

DSC03489

ほとんどこぼした個所がわからないほどになります。

 

パールトーン加工がされていない正絹(シルク100%)に水は厳禁ですが、水溶性の汚れであれば、パールトーン加工がされている場合、ある程度水でお手入れが可能なのだそうです。

 

また、縮緬などは水に濡れることによりかなり縮みが発生しますが、パールトーン加工がされていると、ほとんど縮みませんでした。

 

中央のみパールトン加工済の生地です。

DSC03492

 

また、パールトーン加工は、生地の表面をコーティングするのではなく、織糸の1本1本に加工を施す手法なので、通気性もよく、風合いもほとんど変わらないということでした。

これからは汗をかきやすい季節ですので、汗しみ予防にもよさそうですね。

 

そしてよくあるのが、蝋燭の蝋が付いてしまった!という場合。

DSC03495

ちょっと見にくいですが、パールトーン加工がされている中央部分の蝋は、しみこまずぷくっと盛り上がった状態に。

未加工の部分は染み込んでしまっています。

 

 

最近は実用性の面からどうしても化繊の衣や御袈裟のほうが重宝される部分もありますが、パールトーン加工があれば、正絹物でも日常的に使えるのではないかなと思います。

 

大切な衣や御袈裟に、また打敷や幕などに、パールトーン加工、いかがでしょうか?

【春夏の新作】さわやかな金彩九条袈裟のご紹介

とてもさわやかな地色と夏らしい白蓮の花の図柄が金彩で描かれた袈裟を発売しました。

 

商品ページはこちら

24

湖面に咲く白蓮と、穏やかな水の流れを表現した金彩模様は、美濃角のオリジナルです。

 

 

数量限定で受注販売させていただきます。

詳しくは、各営業担当にお問い合わせ頂くか、左下のメールフォームよりお問い合わせください。

pagetop